かすみ「かすみんがせつ菜先輩を許すと思ってたんですか?」 せつ菜「え…」

1 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:31:40.62 ID:jiwQ5ITq.net
かすみ「1度そのせつ菜先輩の腹立つくらいのおっぱいをめちゃくちゃにしてやりたかったんですよ」

せつ菜「か、かすみさん…?」クラッ

せつ菜「えっ…」ドサ

かすみ「コッペパンに薬を仕込んでたんですよ」

かすみ「体に力が入らなくなる、でも意識は朦朧としたまま失うことはできない」

せつ菜「う…うぅ…」

かすみ「今から自分がされることに抵抗することができない なのに意識を失うことすら許されない」

かすみ「さあ、楽しみましょうね せつ菜先輩♡」

せつ菜「だ、だれ…か…」

2 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:33:26.24 ID:jiwQ5ITq

立てる板間違えたので落としてください

3 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:33:53.82 ID:626NBun0

続けて

4 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:34:21.39 ID:c/K1BpkR

どこに立てようとしたんだよ

5 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:35:32.02 ID:arGr6qjA

つづけろ

6 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:36:48.83 ID:RRaQoTzv

落としてなるものか

7 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:37:22.38 ID:BYLfelSf

したらばとでも間違えたか?

8 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:38:16.50 ID:d/oBue8F

間違えてないぞ

9 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:39:56.95 ID:8QnBG6dE

ふざけんな続けろ
かすみ攻めなんて初めて見たわ

10 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:40:04.82 ID:HBhzCMYq

哀れですね

11 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:40:06.21 ID:2M0B4nUb

さあ続きを書くんだ!さあ!

12 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:40:14.67 ID:M70hCBXz

|c||^.- ^|| あく

13 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:40:21.90 ID:i8cCgfqN

これが見たかったんだよぉ!!!

14 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:41:19.20 ID:PQU9JwI3

君は立てた先のURLを貼る義務がある。
分かるかね?

15 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:44:19.69 ID:oWpZvOg5

あく

16 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:50:38.54 ID:/yVM/Q2Z

あってるぞ自信持て

17 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:54:00.42 ID:T9A4zwuK

>>1じゃなくてもいいから誰か書いてよ

18 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:54:06.57 ID:gY307Rvw

間違ってないぞ

19 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:57:17.53 ID:jiwQ5ITq

かすみ「寝転がると胸がさらに強調されますね」

かすみ「ふふ♡じゃあボタン外しちゃいましょうか♡」

せつ菜「や…やめ…」

かすみ「…♪」プチプチ

かすみ「あれれ〜?黒のブラジャー?大人を気取ってるんですか?」

せつ菜「うう…」

かすみ「胸は大人でも、意外とせつ菜先輩ってお子ちゃまみたいな見た目ですよ♡」

せつ菜「…」

かすみ「♡」ツー

せつ菜「んんっ…」

かすみ「あれれ?ブラジャーの上からなぞっただけなのに、そんな甘い声出しちゃうんですね♡」

20 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:59:00.62 ID:8QnBG6dE

どんどん続けて

21 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 19:59:16.50 ID:T9A4zwuK

来たかっ…!

22 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:00:10.10 ID:lClJYLlx

|c||^.- ^||待ってましたわ

24 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:00:39.04 ID:boueRkuZ

せつかす流行れ

25 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:01:13.90 ID:boueRkuZ

はたして呼び方は「せつかす」なのか「かすせつ」なのか

26 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:03:30.08 ID:gu0OpS4v

腹パン要因
レイプ要因 ○

27 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:04:39.86 ID:jiwQ5ITq

誤爆しました

28 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:06:01.36 ID:8QnBG6dE

してねえよ、もっとできるはずだろ

30 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:15:20.44 ID:PVsiWXwJ

コッペパンに薬を仕込むかすみん想像したらワロタ

31 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:16:37.14 ID:i6N8HAlp

>>1
書き終えた暁には称賛と名誉が
お前を待っているぞ

32 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:17:08.19 ID:d/oBue8F

うおおおおおおおお!!!

33 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:19:12.95 ID:lzP5A/sx

かすみ(155cm)
せつ菜(154cm)

これ

34 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:30:13.36 ID:JvD0UnPX

>>30
薬でも使わないと勝てないんだよ察しろ

35 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:48:55.87 ID:626NBun0

せつ菜相手なら薬使わなくても余裕だろ

36 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 20:50:50.88 ID:8QnBG6dE

ああ見えてハイスペックを絵に描いたような女だから薬くらい使う警戒感は必要

38 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:02:22.27 ID:oNWdCBx5

やめろ
かすかすはバリネコだ

40 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:04:09.26 ID:626NBun0

>>36
せつ菜も迫られるとかすみ並にクソザコだから余裕かと思ったけどそれはそうかも

41 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:07:13.90 ID:3lxCyJ8W

はやくお願いします

43 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:23:07.34 ID:/gWR4owZ

>>38
これはめざし

44 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:34:14.28 ID:t6fanyA8

もったいぶらないで早くしてくれ
もう裸だと寒い季節なんだぞ

45 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 21:58:18.26 ID:arGr6qjA

はやくしろはよはよはよ

47 :名無しで叶える物語:2019/11/15(金) 23:18:13.43 ID:deBmrOd4

早くしないと俺ちゃんのちんちん凍ってしまう

48 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 00:10:33.30 ID:LIUlMX7W

|c||^.- ^||誰か代わりの方が書かれても良いのですよ?こんなシチュエーション中断させてはあまりに勿体ないですわ

49 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 00:15:18.44 ID:kNNWUIt6

早くしないとぽむさんがそっちに行くぞ

51 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:14:52.35 ID:M2xGz+q3

めっちゃ根に持ってるな

52 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:21:00.43 ID:uUxiHGtn

かすみさんの冷たい目が、私を見下ろします。

でもその口元はニヤリと歪んでいて――

かすみ「そろそろブラジャー越しの感触にも飽きてきましたね」

せつ菜「……え?」

かすみ「剥いちゃいましょうか♡」

かすみさんの手が背中に回る。

慌てて抑えようとするけど……ダメ、動かない。

コッペパンに仕込まれた薬の効果か、手足は痺れたように言うことを聞かない。

せつ菜「う……あぁ……っ」

かすみ「ふふ……せつ菜さんのおっぱいはどんな形をしているんでしょうか」

かすみ「実は、けっこう気になってたんですよね。かすみんと同じくらいの身長なのに、
おっぱい大きいから」

せつ菜「待っ――」

制止する間もなかった。
同姓特有の躊躇いない手つきで、あっさりとブラのホックが外される。

53 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:35:13.17 ID:8tLhtYTF

最高ですあなたは最高です!

57 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:45:31.83 ID:uUxiHGtn

かすみ「あはっ♡ エッチな声が漏れてますよ?」

せつ菜「それは……っ、かすみさんが……そういうことするから――」

かすみ「気持ち良くなったのは否定しないんですね」ふにゅぅ

せつ菜「んぁっ!」

かすみさんの手が膨らみを鷲掴みにする。

ぎゅぅっと、それは痛いくらいの締め付けなのに――

私は悲鳴とは程遠い声を上げてしまいました。

かすみ「女の子におっぱい揉まれて、感じてるんですか?」

せつ菜「くっ――!」

言い返すことができなくて、かすみさんの余裕に満ちた顔を睨み上げる。

かすみ「まだそんな顔できたんですね。……良いですよ、これから自分の立場を嫌というほど教えてあげます」

かすみ「そのやらしい身体に」

せつ菜「んんんっ!」びくびくぅ!

56 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:45:03.65 ID:Gx558PaQ

いいぞー

55 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 01:38:29.89 ID:rS3FzM6o

コッペパンに仕込まれた薬ってワードがじわじわくる

58 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:00:37.12 ID:uUxiHGtn

かすみ「やっぱりここは感じちゃいますよねぇっ!」

今まで避けるように触れてこなかった、胸の先端。
その硬くなり始めた突起をきゅぅっと摘み上げられ、私は床の上でびくんっと跳ね上がった。

かすみ「あははっ、せつ菜先輩は胸の先まで可愛らしいんですねぇ……!」

かすみ「こんな淡いピンク色の乳首して……っ!」くりくり♡

せつ菜「んやあぁぁっ、かすみさんっ、止め――んんんぅっ」

かすみ「どっちなんですか、その声……! 本当に止めて欲しいと思ってます?」

せつ菜「お、思ってます……っ、んんぅっ」

かすみ「え〜〜? いまいち信じられませんねぇ」きゅぅぅっ♡

せつ菜「んんんぅっっ!?」

かすみさんの小さな指で、そのパンを捏ねるような手つきで乳首を弄ばれると、なぜだか
過剰に快感が流れ込む。

おかしい……私、こんなに乳首、感じましたっけ?

かすみ「ふふ、今さらですか」

不思議そうな私を顔を見下ろして、かすみさんが嘲笑う。
その手は絶え間なく尖った乳首を挟みながら、

かすみ「コッペパンに仕込んだ薬、アレ……媚薬の効果もあるので」

60 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:21:16.16 ID:YILEEVsp

めっちゃ伸びてて草

62 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:42:14.41 ID:uUxiHGtn

かすみ「……ほんと、吸い付き甲斐のあるおっぱいしてますよねぇ♡」

かすみさんの視線は、唾液で濡れ光った乳首に注がれていて――
それだけで撫でられたような刺激が先端をかすめる。

まずい、敏感になってる。

今の乳首を、もし吸われたりしたら――想像した私の顔から、一気に血の気が吹き飛ぶ。

せつ菜「ま、待ってください! おっぱいの吸い付き甲斐なら、私よりエマさんのを味わえば良いじゃないですか!」

かすみ「分かってませんねぇ。小柄な女の子に不釣り合いなボリュームのおっぱいを味わうからこそ、
    昂るんじゃないですか」

かすみ「加えて、さり気なく同好会のメンバーを身代わりに差し出すその姿勢……まったく反省していないようですねぇ?」

せつ菜「ひっ……!」

かすみさんの目が怪しく光った。

その瞬間、電流のような快感が身を貫いて――

せつ菜「んんんんんぅぅぅっ!!?」びくびくびくぅっ♡

かすみ「ちゅぢゅぅぅぅぅっ!」

恐ろしいほどの吸い付きが右乳首を襲う。
それもただ吸うだけでなく、乳首を吸引しながられろれろと舌が蠢いている。

未知の快楽――そう表現するしかなかった。

私はわけも分からずにガクガクと震え

せつ菜「んああぁっ!」プシュゥッッ――♡

かすみ「……ぺろ♡  ごちそうさまでした、先輩♡」

63 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:45:09.75 ID:uUxiHGtn

かすみ「……」パシャ

せつ菜「……ん、んぅ……?」

気づけば、薄ぼんやりとした瞳の中に、スマートフォンを構えたかすみさんが立っていました。

かすみ「今日はここまでにしておきます」

かすみ「でも、分かっていますよね? この生徒会長にあるまじき淫らな写真がある限り、
かすみんの言いなりだって」

せつ菜「ぁ……あぁ……っ」

かすみ「また明日……そうですね、同好会の活動が終わった後にでも、たっぷりと虐めてあげますので」

かすみ「それまで自分の犯したことを、しっかり反省してくださいね」

せつ菜「ぅ……あぁ……ご、ごめんなさ」

かすみ「ふふっ。では、また明日」――バタン

淡いオレンジ色の陽が差し込む部室に、私一人、このような恰好で取り残されてしまいました。

胸を剥き出しにした、惨めな姿……。

黒のブラジャーを拾った手に震えが走ります。

せつ菜「あぁ……っ」

それまでの恥辱を隠すように、慌てて身だしなみを整えていると、目の端から涙がこぼれ落ちます。

せつ菜「うぅ……ぐすっ、どうして、こんなことに……っ。かすみ、さん……っ」

せつ菜「いえ、これは全部、わ、私が招いたことで――」

せつ菜「ううぅ、ううぅぅぅ……っ」ポロポロ…

(END)

64 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:45:50.67 ID:8HHxpdos

文豪来てて草

65 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 02:45:59.34 ID:uUxiHGtn

酔いながら乗っ取って書きました
おやすみなさい

66 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 03:12:56.32 ID:thI+TnmK

素晴らしかった

67 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 03:13:42.27 ID:r/vFFv63

最後のせつ菜の心情を想うと大変興奮し
ました(賢者)

68 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 03:20:43.57 ID:2CGTIAv4

普通にチンコ立ったわ お疲れ

69 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 03:23:08.47 ID:hU9ak0Uf

よいね
せつかす増えろ

70 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 03:45:50.07 ID:K93vNEYa

神スレを見つけてしまった

71 :名無しで叶える物語:2019/11/16(土) 04:09:52.72 ID:xQPc2X3I

君に惜しみない拍手を

92件をまとめました。
最新情報はこちら